なだ・平和のための木曜行動

「なだ・平和のための木曜行動」は、'01年11月22日からスタートしました。インド洋(アフガニスタン報復戦争)やイラクへの自衛隊派遣に抗議し、「何よりも平和が大切」とうったえ、自衛隊撤退まで続けます。

木曜行動 六甲道駅 上記の決意のもと、JR六甲道駅での定点行動もすでに500回(2013年1月24日現在)を数えました。いうまでもなく、このように回数が重なるのは決して喜ぶべきことではありません。憲法改悪など、わたし達をとりまく状況は日増しに平和を脅かすものになってきています。一人でも多くのみなさんが平和への声を高くされることを願ってやみません。

 右の◆ヘッドラインをクリックすると紙面の内容をPDFファイルでご覧いただけます。

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Reader(無料)が必要です。お持ちでない方は下のロゴをクリックして入手してください。

米朝会談/緊張緩和を世界は歓迎

 4月27日の南北首脳会談と今回6月12日の米朝首脳会談を、世界は大歓迎で受け止めました。直前に行われたG7でも、また会談後の主要国のコメントでも。
 53年の朝鮮戦争「休戦」から65年、65年の日韓条約から53年です。朝鮮半島を大日本帝国が植民地化して108年、第二次世界大戦が終わって73年。いずれの国家にも許しがたい戦争犯罪と重大な責任があり、人々は「武力で国際紛争を解決する時代」に夥しい命を失い、言葉に尽くせぬ犠牲を被ってきました。
 もちろん、日本国憲法の誕生がそうであったように、今回も「始まり」に過ぎません。手放しで喜ぶことのできる合意は皆無です。トランプとキム・ジョンウンという2人や、それぞれの国家を手放しで信頼することはできません。
 それでも希望への始まりです。「米朝は朝鮮半島で持続的な平和体制を構築するため努力する」(共同声明)始まりを熱く歓迎します。

2018年6月14日「なだ・平和のための木曜行動」より

共謀罪 廃止法を/モリカケ 三度目の幕引き させるものか

 テロ防止などを名目に共謀罪法が採決されて15日で1年です。兵庫県弁護士会が9日14時から東遊園地で「共謀罪を廃止に」と集会をし、元町までデモをします。
 昨年の「共謀罪」審議を、国会は森友事件幕引きが目的で急ぎました。
 4日に麻生副総理が調査結果を報告しました。報告では、昨年2月17日の「関係してたら総理も国会議員もやめる」という安倍首相の答弁後、22日に菅官房長官と佐川理財局長・太田審議官が会ったことを認めています。24日に佐川局長が「不当な働きかけはなかった」「(文書を)速やかに廃棄した」と国会答弁し、その後、決裁文書の改ざんが始まったことも認めています。しかし「(改ざんのきっかけが)分かったら苦労しない」と。改ざんの理由が分かっているから苦労しているようです。
 内閣と役人が共謀しても無罪、軽微な「処分」、庶民は「部長いてまおか」と話し家の前歩いただけで重罰も。やっとれんわ!が町の声。

2018年6月7日「なだ・平和のための木曜行動」より

三度目の幕引き 許さない/「李下に冠正さず」? 「頭隠して・・・」でしょう

 きのう1年半ぶりの党首討論が行われました。
 1年以上にわたった「首相の犯罪」への国民の確信は深まる一方です。モリカケ問題では改ざんと公文書廃棄、自衛隊の日報隠ぺい、セクハラ、財務大臣の暴言。  昨年の今ごろ、近づく都議選を前に幕引きを図り、秋の臨時国会は冒頭解散でした。きのうの党首討論は3度目の幕引き工作でした。ただし幕は引けませんでした。幕が短すぎて汚れた足が見えています。汚れた手が丸見えです。まさに頭隠して尻隠さず。
 国民の力で幕を剥ぎ取り全貌を解明しましょう。
 高プロ(残業代ゼロ)とカジノ法は廃案に。

2018年5月31日「なだ・平和のための木曜行動」より

2年も前に 獣医大学いいね/そうだ 辞任がいいね

 21日、中村時広・愛媛県知事が参議院予算委員会に提出した愛媛県の文書(左・神戸新聞22日1めんより・下線は引用者)は、安倍晋三・内閣総理大臣の犯罪を証明しました。「知ったのは17年1月20日」という答弁はウソでした。「(15年)2/25に理事長が首相と面談」「首相からは『そういう新しい獣医大学の考えはいいね』とのコメントあり」と愛媛県の文書には明記されていました。
 安倍首相は22日の朝「念のために昨日、官邸の記録を調べたところでございますが、確認できませんでした」と口走りました。官邸の入館記録は廃棄されていると首相は答弁してきたのに。
 モリ・カケ・イラク日報のウソ・改ざん・隠ぺいという政治的犯罪だけでなく、刑法・あっせん利得罪です。「高プロ」強行採決までに辞任を。

2018年5月24日「なだ・平和のための木曜行動」より

公開された加西市 戦争遺跡/語りつごう 戦争・戦場・いのち

 加西(かさい)市(西村和平市長)が旧海軍鶉野(うずらの)飛行場跡や巨大海軍壕跡を整備し、ガイド付きで公開していることを16日の『神戸新聞』が報じました。熟年者ユニオンは一昨年、整備中の同「戦争遺跡」を見学し、提言しました。また憲法を生かす会・灘は、見学ツアーを呼びかけています。加西市に直接、予約するときは2人以上で。
 5月11日は川西航空機が標的になった神戸空襲、6月5日は3月に焼け残った神戸市東部が壊滅した大空襲でした。6月3日、大倉山では、神戸空襲を記録する会が刻銘追加式を行います。

2018年5月17日「なだ・平和のための木曜行動」より

アベやめろ!デモ in ひょうご

 5月3日の憲法集会には9000人の市民が集まり3つのコースに分かれてデモをしました。改憲阻止署名の成功を誓いました。東京6万人など各地でも。
 「モリ・カケ・日報3大疑惑」ウソ、改ざん、隠ぺいの安倍内閣に、怒りの声が満ちています。麻生大臣は国民が呆れ疲れ、怒り疲れるのを待つかのように暴言をはき続けています。過労死合法化と残業代ゼロの「働かせ方改革」なんてとんでもありません。声をあげましょう。

2018年5月10日「なだ・平和のための木曜行動」より